フィギュアスケートファンのブログ

フィギュアスケートの一ファンとして思ったことや感じたことなどを伝えます

羽生選手の一部のファンが誹謗中傷する理由について伝えたいこと

 

以前の記事で何度も書いてきたように、私は今でも、羽生選手のファンのブログやツイッターなどは一切、見ないようにしているし、自然に目に入ってくることも、全くと言ってもいいほどに、ないのです。

 

それでも他の選手のファンのブログなどは、時々、拝見しているので、そこに羽生選手のことや、彼の一部のファンについても書いてあれば、それらについても知ることがある、というわけです。

 

だから今でも、羽生選手の一部のファンによる誹謗中傷的な発言が多々あるらしいことは、私も知っているのです。

 

そこで今一度、何故そうなのか?について考えてみました。 何故、羽生選手の一部のファンは、そのような誹謗中傷的な発言をするのか?についてです。

 

それで今回、改めて、はっきりしてきたことは、羽生選手の一部のファンの大部分は、自分たちの発言が誹謗中傷だとは、全く思っていないのだろう、ということでした。 

 

何故なら、フィギュアスケート競技の組織やメディアが、これまで何年にもわたって羽生選手を特別に優遇して勝たせたり、持ち上げたりし続けてきたので、それを見聞きしてきた彼のファンにとっては、それが基準になってしまったのだろう、ということです。

 

そして、だからこそ、その基準から外れたように見えることは何でも、おかしいと思えるようになってしまったのだろう。 そして、その、おかしいと思えることに対して発言することは、誹謗中傷ではなくて、全く正当(当然)なことに思えるのだろう、ということです。

 

だから、その問題の根本の原因は、やっぱりフィギュアスケート競技を運営している組織やメディアにある、ということです。

 

つまり、もし組織やメディアが、羽生選手を特別に優遇したり、持ち上げたりすることなく、全ての選手を平等に扱って公正に採点するという本来のスポーツの在り方を最初から行っていれば、羽生選手の一部のファンのような迷惑な存在を生み出すことも、なかっただろう、ということです。

 

そういうわけで私は、羽生選手の一部のファンの発言にも一理あるというか、感謝できることさえ、あるかもしれないとも思っているのです。

 

羽生選手を基準にした上での、ほぼ主観的で、誹謗中傷的な発言には全く賛成できないのですが、彼らが騒ぐことで、組織やメディアにも、そのことが、より伝わるようになって、組織やメディアが、より良い方に変わっていく助けにもなっているのでは?と思える節が、なきにしもあらずだと、実は私は、前から何となく思っていたからです。

 

とにかく、競技やメディアの在り方や採点などについて、変だと思うことがあったなら、はっきりと伝えていくことは、応援している選手や競技の改善のためにも大切なことだと改めて思いました。

 

ただ、全くのウソをついたり、悪口を言ったりなどして誹謗中傷することは、良い方へ変わっていく助けになるどころか、それで傷つくのは、それを発した本人だけだ、ということ。 それを、しっかりと意識しておく方が良いことも、お伝えしておきます。

 

それから、もう一つ、いつも、しっかりと意識しておく方が良い大切なことは、「相手を変えることは出来ない、変えられるのは自分だけだ」ということです。

「相手や状況を責めるだけで、自分が変わろうとしないなら、いつまで経っても相手や状況が望むように変わらないどころか、同じことが繰り返されるだけだ」ということです。

 

だからこそ、競技やメディアなどの外側のことだけに目を向けるのではなくて、先ずは自分自身や自分の人生に目を向けて、そこにある課題に、しっかりと取り組むことが大切だ、ということです。

 

何故なら、自分の外側で目にして特に気になるものは、自分の内側にある課題が鏡になって映し出されていることが多いからです。

 

そして、その課題の中でも、ほとんどの方達に当てはまる共通の課題について書いた記事を、以下の4つの記事とセットにしたのですが、それは、読みながら直接カウンセリングを受けているように感じられる“読むカウンセリング”です。

 

というわけで、ぜひ読んでみてくださいね↓

 

​​ 

 

 

 

●こちらの記事には、それを知ることで、デニス・テン選手やクリス・リードさんの死を前向きに捉えられて救われるだけでなく、“私達が、それを知ることによって”亡くなった彼らも救われる、つまり彼らの助けにもなることを書いています。

(誹謗中傷に関して、読みながら直接カウンセリングを受けているように感じられる“読むカウンセリング”をセットにしています)↓

 

 

 

●こちらの記事には、真央ちゃんのサンクスツアーの会場で出会った人達から聞いた、高橋大輔選手と荒川静香さんに関する小話(実話)も書いています。

(誹謗中傷に関して、読みながら直接カウンセリングを受けているように感じられる“読むカウンセリング”をセットにしています)↓

 

 

●こちらの記事にも、誹謗中傷に関して、読みながら直接カウンセリングを受けているように感じられる“読むカウンセリング”をセットにしています↓

 

 

ランキングに参加しているので、この記事に共感したら、ぜひ下のバナーをクリックして応援してくださいね↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村