フィギュアスケートファンのブログ

フィギュアスケートの一ファンとして思ったことや感じたことなどを伝えます

フィギュアスケートやコロナや東京五輪に関するメディアの在り方を知って伝えたいと思ったこと

 

先日の記事にも書いたように、先の日曜日の午後、フィギュアスケートの国別対抗戦のエキシビションが行われて、私はライストで拝見したのですが、その夜にテレビ朝日の方で、その録画編集されたものが放映されたことは、私も知っていました。

 

それは先日の記事では書かなかったのですが、だからこそ、ネイサン選手の思いがけないサプライズな演技だけは、テレビでも見てみたくなって、彼が出てくる時間を、だいたい予想してから、それだけを見ることにしたのです。

 

けれど、確か3回くらいチャンネルを変えてみたものの、彼が、いつ出てくるのか、わからずじまいで、残りの放送時間からして、もう終わった?!と、あきらめかけていたら、その後、まだ終わってなかったと、わかって、ネイサン選手のアンコールの演技の部分は間に合って見ることが出来た、というわけでした。

 

そういうわけなので、チャンネルを変えるたびに、羽生選手の映像ばかり出てくる印象だったことは、相変わらずだなと思いつつも、ネイサン選手の演技を、ライストで見ていた通りに最後に出したことは良かった、とも思っていたのです。(もしかしたら編集によって、最後に出さないかも?とも思っていたので)

 

けれど、その後、他の選手達の演技をカットして、羽生選手に関する映像ばかりの番組になっていたことへのファンによる苦情の声の数々をネット上で目にして、やっぱりと言うか、それが全く正当な意見だろうとも思っていました。

 

 

それとは別に、その後、ブログに紹介されていた、ある動画を拝見したのですが、それは、先ごろ大きな話題になっていた「大阪の医療崩壊」のウソについて伝えるものでした。

 

それを語っていた方のことを私は今回、初めて知ったと思うのですが、その方は今、ユーチューブでの発言を、ほとんど禁止されているそうで、その理由は、コロナは、それほど怖くないことを言うな、とユーチューブによって「言論統制」されている、つまり憲法で保障された「表現の自由」を侵されている!?とのことでした。

 

こちらの動画の2分辺りから、そのことを語っています。ただ、語っている方の姿はアバターなので、最初、変な感じがするとは思いますが、陰謀論ではなく事実に基づいて発言しているそうなので、偏見を持たずに最後まで話を聞いてみることをオススメします↓

 

 

以前の記事に書いたように私も、コロナは言われているほど怖くないものだし、ワクチン接種も必要ない、どころか、害でしかないと今でも思っていて、ほぼ確信しています。

 

そして先に書いた羽生選手の件、つまり、これでもか、とばかりに彼のことばかりを取り上げて映し出したりするのは、今、コロナのことを、これでもか、とばかりに取り上げて、恐怖を、あおっているメディアの在り方と同じだと思ったのです。

 

 

それから、それにも通じると思ったことを今朝の新聞で知ったのですが、それはNHKの特設サイトで配信している東京五輪の聖火リレーの各地での様子の映像の中で、4月の初め頃に長野で行われた時の映像の一部の音声が消されていた、とのことでした。

 

その記事によると、消されていたのは、ランナーが通る沿道で発せられた、オリンピック開催に抗議する声の数々だったとのことで、「長野オリンピックで残ったのは借金と自然破壊だけ」などと訴えていたそうです。

 

そして、その記事を締めくくる言葉として、最後に書かれていたのは以下のものでした。

 

「民主主義を担保するのに大事なことは、小さな声を伝えること。

しかしNHKを含めた日本のジャーナリズムは、少数派の声を封じ込めることへの後ろめたさが、なくなっている」と。

 

というわけで、テレビや新聞やネットなどのメディアが、「表現の自由」を守るものであることを、そして、本物の事実や、本当に大切なことだけを伝えるものであることを切に願いたいと改めて思いました。

 

 

●こちらは、ほとんどの方達に当てはまる共通の課題について書いた記事もセットにしています。それは、読みながら直接カウンセリングを受けているように感じられる“読むカウンセリング”です↓ 

 

​​ 

 

 

●こちらの記事には、それを知ることで、デニス・テン選手やクリス・リードさんの死を前向きに捉えられて救われるだけでなく、“私達が、それを知ることによって”亡くなった彼らも救われる、つまり彼らの助けにもなることを書いています。

(誹謗中傷に関して、読みながら直接カウンセリングを受けているように感じられる“読むカウンセリング”をセットにしています)↓

 

 

 

●こちらの記事には、真央ちゃんのサンクスツアーの会場で出会った人達から聞いた、高橋大輔選手と荒川静香さんに関する小話(実話)も書いています。

(誹謗中傷に関して、読みながら直接カウンセリングを受けているように感じられる“読むカウンセリング”をセットにしています)↓

 

 

●こちらの記事にも、誹謗中傷に関して、読みながら直接カウンセリングを受けているように感じられる“読むカウンセリング”をセットにしています↓

 

 

ランキングに参加しているので、この記事に共感したら、ぜひ下のバナーをクリックして応援してくださいね↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村